Top / 仮想オーディオ
HTML convert time: 0.003 sec.

仮想オーディオ

Last-modified: 2012-06-10 (日) 19:28:33

Steam起動のタイトルには音声チャットが無効にできないタイトルがあり、
Skypeを使用している場合、両方から音声が再生され、エコーが掛かったような状態になる場合があります。

サウンドプロバティの既定デバイスの変更などにより、Steamの音声チャットに音声を乗せず、スカイプのみでの音声チャットの実現例をメモしておきます。

必要なもの:仮想オーディオドライバ

今回は AV Voice Changer Software Diamond Edition(ボイスチェンジャー)に同梱されている Avnex Virtual Audio Devic を使用します。

1.下記URLより AV Voice Changer Software Diamond Editionの体験版を落とし(無料で試すよりDL)、インストール。
インストール最後にAvnex Virtual Audio Devicもインストールされます

http://www.shareedge.com/modules/shareware/view.php?lid=20061005-011&af=H2O9UWJ68B&gid=3[外部リンク]

2.Windowsのプロバティよりサウンドを開き、録音タブを選択
3.現在使用しているマイクデバイスを無効化し、Avnex Virtual Audio Devicのマイク又はMIDIを選択、右クリックし、"規定のデバイス"、"既定の通信デバイス"とする
4.Steamを起動、表示→設定→ボイス画面にて "オーディオデバイスの検出"ボタンを押下。サウンドプロバティで指定したAvnex Virtual Audio Devic になれば成功
5.コントロールパネル→サウンド→録音タブに戻り、無効にしたヘッドセットなどのSkypeをで使用していたデバイスを既定&既定の通信デバイスに指定し直します。